南牧村小ネタ集

住所群馬県甘楽郡南牧村
TEL-
営業時間-
定休日-
料金-
公式サイト-

更新日:2021年10月13日


私は南牧村マニアを自称し当サイトでも南牧村スポットを多数紹介しているが記事にしてない小ネタは精々Twitterで呟いた程度で今ではインターネットの深海に没している。中にはレア情報もあると思っているのでここいらで小ネタ集としてサルベージして整理したいと思う。非常にマニアックな情報だが何かの参考になれれば幸いだ。

南牧村の歴史的街並み



南牧村の歴史ある町並みの文化的価値は相当大きい。 船枻造りの古民家は百余年前の建造物で蒟蒻栽培や養蚕で栄えた時代の物。 重要建造物保存地区として立候補すれば余裕で登録されるポテンシャルを持つが、特に誰も登録運動をしていないので何にも指定されていない。空き家が多く、安いところは家賃1万くらいで古民家を借りられる。


古民家TUEEEEEE



古民家は頑丈なもんで100年くらいならビクともしない。2014年2月の大雪後に空き家が潰れてないか南牧村の方に聞いた時、「蔵が一軒潰れただけで他には雪で潰れたって話は聞いてないねぇ」と言っていて古民家すげぇと改めて感じた。写真の潰れた蔵がたぶん唯一大雪に負けた建物。


石垣の話その1



昭和40年代の南牧村の様子。尾根まで築かれた石垣は圧巻の一言。現在では植林や過疎化により石垣が荒れ、全盛期の石垣の規模には遠く及ばない。ちなみにこの画像は南牧村誌のものだが、群馬県立図書館でB4サイズくらいのカラー版もあった。感動するくらい圧巻だったので一見の価値あり。その資料のタイトルは忘れた。


石垣の話その2



天まで聳える高い段々畑はかつて蒟蒻芋栽培で栄え、蒟蒻芋は黒いダイヤと呼ばれるほど興隆を極めるが、品種改良により村外の平地での栽培可能になり南牧村の傾斜地での蒟蒻芋栽培は斜陽産業となる。使われなくなった段々畑には杉や檜が植えられたが、現在は輸入木材の台頭や鉄筋コンクリートの普及に伴う需要の低下を受けて僻地のコストの掛かる木材は売れなくなった。南牧村の見事な石垣のほとんどは売れずに放置された針葉樹林に埋まっているが、これを切り出して石垣を再生したらもの凄い観光資源になると思う。


石垣の話その3



石垣を組む教えとして「石垣は四つ八つを避ける」と伝わる。一つの石を囲む石の数が四個又は八個では一個の石が抜けた時に全体が崩落してしまうので、必ず五個や六個や七個で囲むようにする。石垣組みは南牧村民には切り離せない作業であり「石垣を組めなければいい百姓になれない」と言われる。


石垣の話その4





石垣を見るとき、側面から見るのと空から見るのとでは随分印象が違う。写真は同じ段々畑を違う角度から撮ったもの。


南牧村の人口

磐戸村月形村尾沢村が合併して南牧村が生まれた昭和30年当時の人口は10573人、令和3年現在は1500人程度まで減少している。 南牧村の石垣文化を書いた2014年頃の人口は2000人だったので、結構なスピードで人口減少が進んでいると分かる。 昭和40年頃発行の南牧村について書かれた書籍を読むと、 「南牧村の人口は減少傾向にあるが、これは日本の山間集落全体に言える事なので気にすることではない」なんて呑気な事言ってて笑えた。


南牧村の山



ゴツゴツした岩山が多い南牧村は標高は低いが上級者向きの山も多く非常に楽しめる。西上州の岩山愛好家も多い。写真は碧岩。



バス



これは道場地区のバス停。1日2本ではなく週に2本の運行。 主要道以外の路線はどこも週2本運行のようだ。


勧能鉱泉



約30年前に廃業した南牧村の勧能鉱泉・玉生舘跡。近くに住むおばあちゃんの話によると、最盛期には宿の部屋が足りなくなり近隣住民の民家の一角を宿泊者へ貸し出すほど賑わったという。


星尾鉱泉



2018年に復活した星尾温泉は当サイトで紹介した通りだが、かつて温泉スタンドとして使われていたタンクが数年前まで残っていた。


熊倉鉱泉



象ヶ滝へ至る道、この石積が熊倉鉱泉跡かと思っていたが資料を見返すとどうも違うぽい。資料には「象ヶ滝の象ヶ滝の滝壺近くの岩盤から湧出し、下流150mに旅籠屋があった」とあるが、たぶん今は何も痕跡は無い。信州へ至る余地峠が使われていた明治頃は2人の飯盛女が居て旅人や行商人を迎えていたが、鉄道開通による交通の変化により寂れていった。


下星尾の薬師堂



下星尾の薬師堂。南牧村誌の記述によると「自分の年の数だけ『め』と書いた紙を本堂に張り付ける」という変わった風習があり、興味を持ち訪れたものの現在はその風習は継承されていないようだった。


上高原の円学寺



上高原の円学寺ではかつては縁日の4月13日の前夜から寺の庭にむしろを敷き村の男女が寝転んで、その夜は夫婦関係すらご破算となって一大乱行が繰り広げられたと言う。更に古くは7日間この乱行が続けられたとか。地元の方に話を伺うと、乱交祭りは戦前の話で参加した事はないと言う。ただし40年くらい前の縁日は盛大に行い、行商人がやって来たり深夜に護摩行を行っていたらしい。次第に規模は縮小していき、今ではお寺は無人になり下界の別寺の住職さんが時折やってきて僅かに祭事を続けている。境内には男根の石仏があった。 余談だが、寺の境内は昔はもっと広く、車道の開通時に大きく削られたと言う。車道開通前は麓の町まで行くには尾根筋の山道しか道が無く、相当な僻地であったらしい。


椚石採石場



椚で産出する椚石と呼ばれる石材。江戸時代から採石され富岡製糸場や日本銀行にも使用されている。採石場や加工途中の石材などを間近で見ることができ、「石の駅」として多少整備されている。


砥沢の砥石採掘跡(江戸期)



16世紀から砥石の採掘が始まり、江戸時代には幕府指定の御用砥の産地として発展し昭和初期まで採掘が行われていた。今では露天掘りの採掘跡から歴史を偲ばせる。伝説によると猿が砥石を見つけたとされ、砥山神社では猿が神遣として狛犬ではなく狛猿が鎮座する。


砥沢の砥石採掘跡(昭和期)



山奥の近代の砥石採掘跡。レールや丸のこの残骸が残置されていた。 他にも採掘跡はあるが地主との関係であんまり公開されてない。 南牧村民俗資料館に良い資料がある。


砥石販売



今でも道の駅などで南牧村産の砥石が売られているが、採掘はとうの昔に終わり現在では在庫品を細々と売っているだけである。買うなら今が最後。写真は砥沢の加工場。


南牧村の金鉱山



武田信玄の隠し金山とも言われるが南牧村には金鉱山跡がいくつかある。アクセスが容易なのは砥沢の砥沢神社境内にポカリと穴を開けている廃坑道。地元の方の話によると金を求めて昔掘ったが何も出てこなかったという。コウモリが住みつき地元では「コウモリ穴」と呼ばれている。


底瀬の亀甲石

上野村の亀甲石が有名だが南牧村も底瀬で亀甲石が見られる。一昔前に流行って程度が良いのは取りつくされたらしいが、今でも川原に降りると亀の甲羅模様の大岩が転がっていた。写真は撮ってない。


底瀬の鍾乳洞



地元民のみぞ知る底瀬の小さな鍾乳洞。石仏の脇から四つん這いになって5mほど這い入ると、小さいながらも変化に富んだ吹き抜けのホールに着く。最奥地には石仏が安置され美しく神聖な空間に思わず感嘆の声を漏らす。話を聞くと嘗ては地元の子供たちの遊び場だったと言う。かつては滝を登る鯉のような鍾乳石があったそうだが盗まれてしまったらしい。


某鍾乳洞



南牧村に色々な鍾乳洞があるがここが一番大きく広かった。縦横無尽に分岐が広がり完全制覇は成し得てない。


大仁田の水力発電所遺構



大仁田の古老に「大正時代の発電所跡をご存知ですか」と伺うと、段々畑を指差し「この辺の石垣は発電所水路の土管を使ってるよ」と、言われねば分からぬ衝撃の事実を教えてくれた。取水口にはコンクリート製の堰が、畑の上には水槽も残っていた。


蝉の渓谷



六車の蝉の渓谷。蝉は狭水(せみ)が転訛したと言われたり言われなかったり。現地にある古い地図を見ると近くの鉱山住宅も載っていて楽しい。


熊倉集落



南牧村最奥地の熊倉集落。"風情ある町並み" を通り越し廃村の危機を迎える限界集落。天高く築かれた段々畑は荒れ果て、廃屋が目立ち、人の姿は見えなかった。


底瀬の野猿跡



野猿を見つけた。川向こうの畑との運搬に使用されていたと思われる。今は使用されていないが現存するのは珍しい。


高原の索道跡



近代の索道跡。対岸の畑を結ぶ物資輸送用として使用された。モーター以外は完全な形で残っている複線交走式の索道。地元の方を見つけてお話を伺うと、急峻な土地の畑が点在するこの地では数多くの索道が山々を往来していたと言う。


磐戸の椚橋



地元椚で採掘される椚石で組まれた石造アーチ橋。昭和六年に架橋され平成二年に拡張された。てっきり平成二年に橋を架け直したと思いきや、橋の裏から観察すると昭和六年の橋はそのままに、幅員を拡張する形でアーチ橋が追加されていた。 青木石材店のページに架橋当時の写真があるので要確認。


旧塩沢峠の道しるべ



今では南牧村から上野村へのアクセスは湯の沢トンネルで楽々だが、湯の沢トンネル開通の2003年以前は塩ノ沢峠を使用していた。塩ノ沢峠が車道になったのが昭和30年頃で、更にその前は山道を使って上野村と往来していた。その古道を歩いていたら道標を発見した。
右 多野郡上野村塩ノ澤
左 磐戸青倉ヲ経てテ下仁田町
大正十二年磐戸村青年會




宋胡録美術館



タイの伝統的な陶器である宋胡録(スンコロク)の保存・普及に尽力する中瀬氏の作品が多数展示される。今の宋胡録があるのは中瀬氏の功績と言ってよい。星尾に工房を置き、全国に宋胡録を広める活動を続けている。


星尾風穴



石垣の中は冷気で満たされ5月初旬でも雪が残っていた。明治42年の星尾風穴の蚕種枚数は40000枚であり、荒船風穴の1100000枚と比べ30分の1程度の枚数となっている。


道場の山神宮



大変珍しい鳥居。笠木に千木と鰹木が乗っている。南牧独自の特殊な様式がある訳ではなく、単にハンドメイドで造られたため風変りな鳥居が生まれた。社殿の狛犬も可愛かった。


デルピス号



底瀬付近で堆肥を運ぶデルピス号を見つけた。
※デルピス号とは下仁田発の小型特殊自動車。西上州界隈でしか見られないレアな自動車。



南牧村立山の美術館



大塩沢の山の美術館。行ったら閉まってたので調べてみると村の財政難で約10年前に閉館したらしい。窓から覗くと作品が見えた。



旧尾沢中学校



村民に愛された木造の廃校舎。2017年に失火で全焼した。裏話は色々ある。


なんもく村商品券



数年前に流通していた南牧村内専用の紙幣。偽造防止技術がふんだんに使われ無駄にクオリティが高い。現在は購入不可。


おやすみ処 たけきや



羽沢にある軽食屋に見せかけて実は情報屋、と見せかけて普通に軽食屋。南牧村の深い情報がここに集まりとても面白い。 カレーの付け合わせのミョウガをポリポリ食べてたら「ミョウガはご飯と一緒に食べるんだよ!」と凄く怒られた。



村の喫茶店もくもく



南牧村地域おこし協力隊の御二方が小沢に開店したカフェ。青年海外協力隊で訪れていたウガンダのコーヒーと、村で採れた食材を使ったふわふわの卵サンドを提供する。南牧村の穏やかな時間が流れていて居心地が良かった。土日のみ営業。



食用ほうずき



数年前から南牧村では食用のほうずき栽培されて夏から秋頃になると道の駅に売られている。とても不思議な味だった。



群馬B級スポット トップページ



地図(村役場)

一覧

みなかみ町

プラムの国
道の駅 水紀行館
釈迦の霊泉
若旅民具茶屋
土合駅 日本一のモグラ駅
高橋の若どり
沼田城下の塩原太助巡り
月夜野焼陶芸体験
麺zくるり
土合駅探検とカフェ駅茶mogura
野戦料理のドイツコーヒー夢
三国峠のクロソイド曲線碑

片品村

とうもろこし街道
白根魚苑

川場村

譽國光酒蔵観光と大吟醸ソフト

嬬恋村

愛妻の丘
嬬恋村・丸山農園漬物本舗のキャベツキムチ

長野原町

浅間とり牧場
時計とサービスの穴場食堂 樹(こだち)

草津町

香草温泉
草津熱帯圏
常布の滝下温泉

中之条町

薬王園
上州亭ヒタチヤ
四万温泉 スマートボール柳屋遊技場
市城砦南部郭の出丸跡
大人気!ネコの家
秋鹿大影林道・万沢林道
ほづみとんかつ店のカツカレーラーメン
六合の秘湯、京塚温泉
辺境の穴場うどん 美野原茶屋

東吾妻町

観音山(滝峨山)の金堀穴
あづま養魚場のギンヒカリづくし
みそ膳の抹茶ラーメン

高山村

たかやま高原牧場

沼田市

迦葉山龍華院弥勒寺
薗原ダムキャンプ場跡
群馬随一のロングダート、栗原川林道
尾瀬市場 利根本店
エルベのスープ納豆パスタ
野球神殿とレストラン久貴の沼田ステーキ

昭和村

赤城高原SA(上り)のトマQソフト
山田商店のカレーうどん

渋川市

棚下不動の滝 雌滝雄滝
上りに見える下り坂
たけ屋うどん店
赤城町の牛すじ家
レーシングカフェ 「D'z GARAGE」
渋川駅前 純喫茶ルナ
伊香保の台湾系巨大寺院、佛光山法水寺
上州村の駅のこんにゃくグルメ
ワシノ巣風穴
赤城町のキムチ専門店コリアン・フーズ
きのこ茶屋
川魚グルメ館くるまのウグイ料理
渋川市石原・馬頭公園の馬頭観音

吉岡町

ペペオレンジ吉岡店
珍宝館
命と性ミュージアム
鹿火屋
水沢歴史美術館
八角墳の三津屋古墳

榛東村

ガラメキ温泉
卯三郎こけし
榛東村のレトロ自販機、湯浅屋
しんとう村のぐんまちゃん焼のお店

前橋市

キートンの巨大パフェ
近戸神社 群馬県最古の狛犬
いろは美術館
パンプキンの巨大パフェ(?)
創作めん工房 藤家
赤城山南麓 夜景パノラマ展望台
ホワイト餃子 前橋店
わくわく自販機ミュージアム
赤城山第一スキー場
梅田のバナナ
赤城山頂天空ノ駅舎カフェ
プロレスラーMAZADA選手のお店「ステーキまさやん」
お花を食べて女子力アップ!はな工房&花カフェ
蛇穴山古墳と宝塔山古墳の素晴らしき石室
プロレスラー浜亮太選手のお店「どすこいうどん浜ちゃん」
喫茶 ぶちの店
マシュマロパンダ

高崎市

洞窟観音
鼻高展望花の丘
群馬の松
世にも不思議な木
上毛野はにわの里公園
一郷山城
まちのくまさんのラーメンケーキ
少林山達磨寺
観音山丘陵の百庚申巡り
渓流魚料理専門店 魚籠屋(びくや)
ジョジョファン必訪!麺屋 承太郎
高崎電気館で映画鑑賞
肉の寺田(寺田精肉店)
日本茶中国茶の喫茶店 茶楽人
観音山公園ケルナー広場
蔵の中の喫茶店、日本茶喫茶「棗」
激渋食堂 レストラン三好
倉渕水沼公園のトレランコース
ふくろうカフェ楽園
川上産業のプチプチ自販機
榛名十文字ミートの肉汁うどん
プロレスグッズ専門店・リングサーチ
ペルシャ料理トランジで水タバコを嗜む
群馬最速バッティングセンター!?「榛名スポーツセンター」
JAMCOVER VILLAGE(ジャムカバーヴィレッジ)
上野国国分寺跡

安中市

碓井川熱帯植物園
無法地帯
板鼻館 タルタルカツ丼
小根山森林公園
海雲寺 招き猫の寺
モツ煮の名店 越後屋食堂
おぎのや資料館
ピーパック安中 飯島屋
玉屋ドライブイン
秘境駅 安中榛名駅
米山公園サーキット場
自動車に乗る観音様!?龍昌寺と世界乗り物館
郷原の炭酸泉
全性寺のゴルフ観音
松井田商店街のサンタクロース群
安中の無人アウトレット市場
松井田町高梨の百庚申
あんかけ焼きそば富ちゃん

富岡市

南蛇井のおきなわ屋
大桁湖
妙義神社の竹林七賢人
旧茂木家住宅
酪農家手作りアイス工房じぇら21

甘楽町

こんにゃく博物館
多目的ガレージ カーロマン
長厳寺の巨大磨崖仏
多目的ガレージ カーロマン2
子どものおもちゃ資料館
甘楽のアダルト保育園

下仁田町

中之嶽神社 日本一大きい大黒様
神津牧場
茂木ドライブイン
きのこ館
くるまやの「しもにた丼」
下仁田の炭酸カルシウム乾燥小屋
下仁田ねぎぼうず園
下仁田の百庚申巡り
下仁田の個性的橋梁群
道の駅しもにたの下仁田ネギグルメ

南牧村

威怒牟畿不動 崖っぷちの不動様
南牧村の炭ラーメン
南牧村のお炭つきまんじゅう
南牧村の炭入りピザ
南牧村の石垣文化
黒滝山不動寺
南牧村熊倉の人面石
高原運動広場
焼きまんじゅう南牧
秘境の本格ハーブティー はなもも
なんもく村のちょっとしたcafe
秘境!南牧村の山賊ラ-メン
蘇った南牧村の温泉、星尾温泉・木の葉石の湯
南牧村に新規開店!Cafe Big Mom
南牧村小ネタ集

上野村

旧黒澤家住宅
峠のうどん屋 藤屋
JA上野村 焼肉センター

神流町

御荷鉾のエクスカリバー
恐竜王国中里
神流川鮎神社

藤岡市

名無村
下久保ダムのダムセイバー

玉村町

県央水質浄化センター緑地広場のマンホールコレクション

伊勢崎市

小泉稲荷神社
伊勢崎もんじゃ サッちゃんち
群馬一標高が低い山 権現山
新伊勢崎名物 いかパン
自販機食堂
島村渡船
堀込青果のフルーツシェイク
「くしや」の変わり焼きまんじゅう
名のない駄菓子屋

太田市

祥寿山曹源寺(さざえ堂)
藪塚石切り場
ジャパンスネークセンター
三日月村
縁切寺満徳寺
岩崎屋の黒焼きそば
金山城
ガチの駄菓子屋 おかしやさん
もみの木の焼そば丼
新太田名物!かわとみの「なすの蒲焼重」
ピンボールのサルーン
喫煙者の聖地・パイプ塚

桐生市

ふる川のひもかわ
河童神社
成田山赤城寺
桐生名物コロリンシュウマイ
麺者侍のニンニクラーメン
水沼駅温泉センター
道の駅くろほね・やまびこの「朝たまごはん」
武正米店の子供洋食
万里の肉丼

みどり市

けさかけ橋
花輪の美味しいうどんの自販機
特許変わりうどん かみ村六庵
にほんいち醤油 岡直三郎商店
藤瀧不動尊のヒトガタ
貧乏神追放神社
ながめ余興場
自音寺八十八霊場でミニお遍路
円空茶屋の巨大円空彫薬師如来像
ところ天の助を祀る!深沢の角地蔵
みどり市の太郎神社
ねじり木奉納 はね瀧道了尊
旧花輪小学校記念館

大泉町

ブラジルタウン大泉町
浅見薬店
活きな世界のグルメ横丁
ブラジルタウン大泉町2
肉地獄!プリマヴェーラのシュラスコ食べ放題
巨大ハンバーガー!TOMIのメガトミ

邑楽町

シンボルタワー未来MiRAi

千代田町

赤岩の渡し

館林市

分福茶釜の茂林寺
日清製粉 製粉ミュージアム
大盛りうどんとおもちゃの一升や
子神社 足腰の神社

板倉町

板倉町中央公民館の昆虫千手観音像
板倉町の雷電神社
いなかっぺのマヨネーズラーメン

群馬県

群馬の性神

コラム

毛無峠キャンプ 小串の夜明け
万座温泉豊国館 湯治の旅
石畳の小さな温泉街 湯宿温泉